前へ
次へ

税理士法には何が記載されているか

「税理士法」とは、1951(昭和26)年に制定された「行政法」の一種で、「税理士」の制度を定める法律です。ここには、税務のプロフェッショナルである「税理士」の使命や職務、税理士会や連合会の制度などが記載されています。また、税理士の資格を有していない者(無資格者)が税務を取り扱うことや、取り扱いの表示をすること、「税理士」や「税理士事務所」という名称を用いることを禁じてもいます。「税理士」になるためには、この法律で定められた受験資格を満たし、規定の試験に合格する必要があります。また、合格後には名簿への登録が義務化されています。こうして初めて、「税理士」として認められるのです。この法律では、その後の業務内容や権利及び義務、責任、雑則、罰則などについても言及しています。

Page Top