前へ
次へ

大阪市民の方へ弁護士などの無料相談

大阪市で実施している法律無料相談があります。区役所での法律相談(平日昼間)、月に1回のナイター相談、

more

法曹が帯用するバッチについて

法曹になるためには司法試験に合格しなくてはなりません。司法試験合格者はその後に司法修習を受けることに

more

税理士法には何が記載されているか

「税理士法」とは、1951(昭和26)年に制定された「行政法」の一種で、「税理士」の制度を定める法律

more

自己破産しないためにはどうすべきか

大人になってから自己破産という言葉を知りました。できることならこのような状態にはなりたくないものです。ならないようにするためにはどうしたらいいのか考えてみましょう。一番良いのは借金をしないことです。このくらいの金額ならいいやと軽い気持ちで借金をする人はよくいますが、実はそのちょっとした油断がおおごとになってしまうことがあります。借金というのはたいてい利子がつくからです。消費者金融などでお金を借りる時には気をつけましょう。身近な人からお金を借りる時ももちろん利子はつきます。しかし、中には良心的な人もいることでしょう。特に期日を設けず、利子もつけず、返すのはいつでもいいよと言ってくれる人もいるはずです。ところが、こういった甘やかしが徐々に借金のエスカレートにつながってしまうことがあります。何度も借金を申し入れてくる友人や知人などには、多少、厳しくした方がいいのかもしれません。自己破産になるような人というのは、他にもたくさんの借金を抱えている可能性が高いと言えます。一箇所からの借金ではなく、複数箇所からしたくさんの借金をしているのです。まずはこれを一つにまとめなくてはなりません。自身でもどのくらいの借金があるのか分からなくなってしまったら、すぐにでも弁護士に相談してみましょう。その際、借金や自己破産に関する相談に長けている弁護士を探すことをおすすめします。弁護士に相談というと相談料がかかるので、借金で悩んでいる人にとっては敷居が高いと感じられるものです。しかし、中には無料相談会を開いている弁護士事務所もあります。このような機会を活用しましょう。複数箇所への借金もひとまとめにしてくれます。また、どうしても自己破産という選択肢しかないようなら、その手続の仕方などもすべて任せることができるのでとても楽です。借金問題で一人で悩み、首をくくるようなことになるよりも詳しい人に相談した方が良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top