前へ
次へ

税理士になるためには

税理士になるためには国税審議会が実施する試験に合格しなければいけません。合格するためには、税法分野の9科目から選択した3科目と会計学分野の2科目の計5科目それぞれで合格基準点の60パーセントに達する必要があります。税法分野において選択する3科目には所得税法か法人税法のどちらかを必ず含めなければいけません。科目合格制が採用されている税理士試験では、5科目の合格を1度に達成する必要はありません。1科目ずつ合格して最終的に5科目合格すればよいので、集中した学習が行えるという意味では受けやすいとも言えます。11科目ある受験科目の中では内容が重複している科目もあるので、合格するためには科目の選び方も重要になってきます。

Page Top